医療事務の小ネタ(保険は使えない?)

U-NEXT

さて、今日はよく誤解されがちなことについてお話します。

皆さん、健康診断って受けていますか?

会社にお勤めの方は年に1回法定健診を受けていけると思います。

そうじゃない方も40歳以上になると特定健診と言って、健康診断に似た項目が安くで受けられるはずです。。。

これらは医療保険は使えません。

逆に医療保険が使えるのってどんな時?と言いますと…

(→詳しくは厚労省のHPへ)

主に皆さんが医療機関で受けているのが

療養の給付(国民健康法第36条)

「疾病及び負傷に関して、診察、治療等の療養を給付」

ですね。

そうです、「疾病及び負傷に」関してなので、予防(健康診断)は入っていないのです。

ということは保険は使えないのです。

よくあるのが

「別に何にもないんですけど、血液検査してほしいんです」

「ダイエットでファスティングするのに事前に血液検査してほしくて」

「風邪ひいたときのために薬欲しくて(予防投与)」

こういうご相談ですね。

本来これは保険使えないんです。本来も何も使えないんです(笑)

これまた、実際の現場では医師の采配に。。。ね!!

健康な人は保険料は納めるけど、療養の給付は受ける機会が少ないという。。。

まさに保険ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中