医療事務、勤めるならどっち?

医療事務

クリニック(=診療所)と病院。あなたならどちらに勤めたいですか?

そもそもクリニックと病院の違いとは何だと思いますか?

定義はとても簡単な違いなのです。

「入院病床数が20床以上かどうか」ただこれだけなんです😅

入院病床があるかないか、何床か、スタッフの数、設備、患者の数など実際にはいろいろと違いがあります。

病院にもクリニックにも勤めたことがあるので、私が感じたメリット・デメリットをお伝えしようと思います。

ちなみに医療事務は入院担当か外来担当かでも業務内容が大きく変わります。(私は外来しか担当したことないです…)

〇クリニックのメリット

・スタッフ間の距離が近い分、意見交換しやすい

・細やかな気遣いがしやすい

・業務全般をやれる(受付~会計、レセプトなど)

・自分のペースでやりやすい

●クリニックのデメリット

・診療科が単科の場合が多いので、知識は偏る

・スタッフの人数が少ないので、人間関係要注意

・シフトの融通が利かない

・経営状況がダイレクトに影響する

〇病院のメリット

・診療科が複数あり、知識が増える

・人数が多いのでシフトの融通が利きやすい

・教育制度が整っている

・研修などが多く、勉強になる

●病院のデメリット

・業務が担当制の場合が多く、スキルが偏る

・大人数で働くため、ルールが煩雑になりやすい

・スタッフが多いため、コミュニケーションが取りづらい

こんな感じでしょうか?

どちらも合う合わないありますし、自分の生活スタイルとのバランスもあると思います。

私の場合は病院→クリニックで勤めました。

病院である程度知識を得ていたため、クリニックに行ってもあまり困らずに業務ができました。

担当したことない業務も、病院で簡単に研修だけは受けていたのでなんとなくの知識を得ることもできました!

どちらの場合も、そこでしか味わえない環境があると思います。

どちらにしても医療事務のお給料は、、、ね!!笑

もしも、医療事務での就職を考えている方がいらっしゃたら、参考にしてみてください。

コメントなどでご相談にも受け付けてます♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中